ITコンサルタントで独立後の年収はどれくらい?会社員とフリーランスの違いと将来性

更新日:/公開日:2021年12月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITコンサルタントで独立後の年収はどれくらい?会社員とフリーランスの違い

この記事の執筆者
溝口ひろき
つなぐマーケティング代表

企業のITにおける課題解決をサポートするITコンサルタントは、知識や経験がある方なら独立しやすい職業だといえます。

なぜなら社内システムの導入からAI技術の活用にいたるまでIT技術に関する需要が尽きることはなく、経験を積んだ方であれば個人でも十分に通用するからです。

そのため、コンサルタント会社で経験を積んだあとに独立される方もたくさんいます。

この記事では、ITコンサルタントとして独立するために必要なスキルやメリット、フリーランスの平均年収、将来性について詳しく解説していきます。

失敗しないエージェント選びは信頼と実績・条件が合っているか

i-common tech

  • 人材業界歴30年以上のパーソルキャリアが運営
  • ITコンサルタント、PMOコンサル、ITエンジニア、ゲームエンジニア、マーケター
  • 週3日以内・リモート案件多数
  • 全国対応、月末締め翌月末日払い

運営会社:パーソルキャリア株式会社

 

レバテックフリーランス

  • ITエンジニア案件に15年以上の実績
  • 28,000件以上の豊富な案件数
  • 平均年収862万円

運営会社:レバテック株式会社

 

フォスターフリーランス

  • サービスを開始して25年以上
  • コーディネーターには元ITエンジニアやIT業界経験者が多い
  • 公開・非公開案件含めて常時5,000件以上
  • 関東エリア、月末締め翌月末日支払い

運営会社:株式会社フォスターネット

この記事でわかること

ITコンサルタントの種類とは?5つの種類を解説

一言にITコンサルタントといっても企業のITにおける課題は多岐にわたることから、課題ごとに専門のコンサルタントがいます。

まずは5種類のITコンサルタントについて紹介します。

IT戦略・Webマーケティングコンサルタント

IT戦略コンサルタントやWebマーケティングコンサルタントは、企業のIT戦略やWebマーケティング戦略にかかわる課題の抽出から改善策の提案・実行支援までをおこない、経営戦略を成功に導いていきます。

IT技術やマーケティングの最適活用を経営視点で考えられる知識が求められるため、長い経験と実績が必要になってきます。

CRM(顧客関係管理)コンサルタント

CRM(Customer Relationship Management)コンサルタントは、顧客情報の管理をシステム化し、業務の効率化を図ったり顧客情報を有効活用したりして、利益の最大化を実現します。

そのために、戦略や導入システムの提案・設計、マネジメント、導入後のサポートなどをおこないます。

クライアントの要望を受けて、エンジニアなどをまとめながら運営する必要があるため、コミュニケーションスキルも合わせて必要になります。

SCM(供給連鎖管理)コンサルタント

SCM(Suply Chain Management)コンサルタントは、製造から販売までのプロセスにおける情報や物流の流れを整理し、供給連鎖の効率化に向けて企業を支援します。

主な仕事内容は、SCM戦略立案、既存プロセスの改善、SCMシステムにおけるIT構想化、SCMのアウトソーシング(BPO)を通して、クライアントの課題解決に貢献することです。

SCMは海外の生産工場とやりとりする機会も多いため、英語に加えて中国語の語学スキルもあると重宝されます。

PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)コンサルタント

PMO(Project Management Office)コンサルタントは、クライアント企業内の部門組織として進行中のプロジェクトを管理します。

複数のプロジェクトで都度発生するタスクの代行業務や、プロジェクトの問題解決を支援するPM的立場も兼ねています。

そのためPMの実務経験をはじめ、現場で指揮を取るコミュニケーションスキルも求められます。

SAP(SAP製品)コンサルタント

SAPコンサルタントは、ドイツのSAP社が販売するパッケージソフト「ERP」を導入してクライアント企業の業務効率化を支援します。

具体的な業務内容はシステム導入前の業務分析、導入支援、導入後のサポートで、設計から開発まで一貫したプロジェクトマネジメントをおこないます。

ITコンサルタントで独立するにはどうしたらいい?

ITコンサルタントとして独立するためには、前もって準備しておくべきことがいくつかあります。それぞれ順番に説明していきます。

企業で数年経験を積むのが基本

ITコンサルタントでフリーランスとして仕事を獲得するためには、クライアントから信頼されるだけの経歴や実績が必要です。

また、クライアントの課題や具体的な改善策、組織のマネジメントは、実際に企業の一員として働いてみないと実態がわかりません。

そのため、企業で数年間実務経験を積むのが最短の道だといえます。

しかし、IT業界の経験がない方がコンサルタント会社に転職することは容易ではありません。

ただ、絶対に無理というわけではないので、自身で勉強したり資格を取ったりしておくとよいでしょう。

SIerに就職する

システムインテグレーションをおこなっているSlerに就職するのも、ITコンサルタントを目指すうえでは有効な手段です。

Slerでは情報システムの構築、開発、導入から運用、保守、管理までの一連の流れを実践で学べるため、現場目線の経験を積むことができるはずです。

コンサルティングファームに就職する

総合的な経験が積めるコンサルティングファームに就職すれば、コンサルタントとして必要なスキルを身につけることができます。

またコンサルティングファームでは通年ポテンシャル採用をおこなっているため、時期を問わず挑戦できるのも魅力です。

特におすすめなのは、大手ファームや戦略系コンサルティングファームです。

ITコンサルタントとして独立しても、十分なキャリアとスキルを手に入れることができるでしょう。

公的資格を取っておく

ITコンサルタントになるために資格は特別必要ありませんが、仕事を獲得したいなら取っておいて損はありません。

国家資格でもあるIPA認定の基本情報技術者や、経済産業省が推進しているITコーディネータがおすすめです。

ITコンサルタントとして中級者レベル~上級者レベルであれば、IPA認定の応用情報技術者や国家資格である中小企業診断士などの資格を取っておくとよいでしょう。

ITコンサルタントはどれくらい稼げる?案件の単価と年収相場

フリーランスITコンサルタントになると、収入は案件の獲得数と単価によって変わります。

コンサルタントの業務内容は多岐にわたるため、参画する案件によって単価が大きく変動します。

フリーランスの案件・求人サイト「フリーランススタート」でみると、ITコンサルタントの平均単価は84.7万円で、最低単価10万円から最高単価210万円まであります。

コンサルタントのフリーランス求人・案件 月額単価相場

参照元:コンサルタントのフリーランス求人・案件

また、レバテックフリーランス(フリーランスエンジニア専門のエージェント会社)に掲載されているITコンサルタントの平均単価は79万円、最高単価は145万円となっているため、登録するエージェントによっても単価の差はあるといえそうです。
参照元:ITコンサルタントとは?仕事内容やフリーランス事情を解説

一方で、会社員ITコンサルタントの年収は、経済産業省の独自調査によると800~1,500万円となっています。
参照元:我が国におけるIT人材の動向|経済産業省

獲得した案件ごとに収入を得られるフリーランスと違って、会社員の場合は会社から毎月決められた給料をもらっています。

フリーランスITコンサルタントになれば、単価の高い案件を取るか仕事量を増やすことで会社員時代の収入を上回ることも可能です。

ITコンサルタント案件を取り扱っているi-common techの特徴や口コミ・評判などを詳しく解説します。

フリーランス向けITコンサルタント案件の特徴を紹介

ここでは、フリーランスITコンサルタント向けの案件事例を紹介しています。

「実際どんな案件があるのかを知りたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

DXを推進するITコンサルチームの立ち上げ案件

【コンサル】DX推進コンサルの求人・案件
参照元:【コンサル】DX推進コンサル案件|フリーランスエンジニアの求人・案件

クライアントのDX推進をサポートするコンサルティング会社のITコンサルチーム立ち上げから携われる案件です。

最低稼働日数は週2日からで、フルリモートも可能となっており、自由の高いワークスタイルが実現可能です。

仕事内容は技術検証、実装フェーズのマネジメント、クライアントへの技術的アドバイスとなります。

ITコンサルチームをイチから立ち上げるため、マネジメント経験が試される案件といえそうです。

自治体向け新規事業開発プロジェクトのコンサルタント案件

【コンサル】自治体向け新規事業開発の求人・案件
参照元:【コンサル】自治体向け新規事業開発|フリーランスエンジニアの求人・案件

自治体向けのMVP方針や実行計画の策定を目的とした課題解決のコンサルタント案件です。

最低稼働日数は週2日で月の案件単価は上限85万円、一部リモート可能となっています。

仕事内容としては、外部・内部環境分析からDXソリューションの方向性検討、実行計画の策定、実行支援まで多岐にわたります。

新規事業開発プロジェクトの経験やITシステムの上流設計の経験が必要となるため、上級者向けの案件といえるでしょう。

ITコンサルタントとして独立する3つのメリット

ここでは、ITコンサルタントとして独立するメリットを3つ紹介していきます。

1案件あたりの月単価が高額

フリーランスのITコンサルタントは、スキルや実績次第で単価交渉が可能です。

そのため単価アップがしやすく案件を高額で受注できるため、結果的に収入が上がるといえるでしょう。

会社員だと報酬額が既に決まっており交渉の余地はありませんが、フリーランスなら収入の上限がない点も魅力です。

働き方や仕事量が選べる

フリーランスという働き方を選ぶと、自分の好きな時に好きな方法で仕事を取ることができます。

クライアントと打ち合わせなどの業務以外は完全リモートもOKですし、カフェや外出先での勤務も可能です。

またITコンサルタントの仕事は、3ヵ月から6ヵ月間ほどのプロジェクトがほとんどのため、プロジェクトが一旦終了すれば、その後はまとまった休暇を取ってリフレッシュできるのもポイントです。

「メリハリをつけて働きたい」「会社に縛られず自由なスタイルで働きたい」という人には特におすすめです。

自分で案件を選べる

フリーランスになれば、自分で案件を選んで働くことができます。

会社員だと、会社の方針やチーム体制の変更でやりたくない仕事をやらなければならなかったり、横柄な態度のクライアントが相手でも、仕事である以上耐えなければなりません。

フリーランスであれば、自分がやりたいこと、得意なことを仕事にできますし、クライアントの態度が明らかに悪い場合は、仕事を切られる覚悟で言い返すことだってできます。

そのため、会社員より仕事でストレスを抱えることも少ないのではないでしょう。

ITコンサルタントとして身につけておきたい6つのスキル

フリーランスITコンサルタントとして仕事を継続して得るためには、6つの必須スキルがあります。

ここではそんなスキルについて解説します。

1.課題解決力

ITコンサルタントは、企業が抱える課題の本質を見極めて最適な解決策を提案・実行する立場です。

そのため目の前にある問題を正確に把握し、解決していこうとする推進力が求められるでしょう。

またクライアントごとに課題は異なるため、それぞれに合った適切な方針を判断できる人材が重宝されます。

2.論理的思考力

ITコンサルタントは、クライアントが抱える課題に対して具体的な解決策を提示し、相手を納得させなければなりません。

そのために必要なのが、論理的思考力(ロジカルシンキング)です。

物事の因果関係を順序立てて考え、相手に分かるように説明する能力が求められます。

論理的思考力はある程度訓練が必要なので、普段から起きた物事に対して「なぜそうなったのか?」を考えながら会話をする習慣をつけると良いでしょう。

3.提案力

クライアントの課題に対して意見を伝える立場のITコンサルタントは、高度な提案力が求められます。

問題点が見つかれば、時には厳しい意見を伝えなければいけない時もあるでしょう。

その際、どんな相手でも物怖じせず最適な提案ができてこそ、クライアントから求められる人材になれるはずです。

4.コミュニケーション力

多くの人と関わる機会の多いITコンサルタントは、コミュニケーションスキルが必須です。

どれだけ論理的に話ができたとしても、相手の気持ちを気遣えない言動であれば信頼関係を築くことは難しいでしょう。

そのため単なる情報のやり取りではなく、常に相手の立場に立った会話を意識することが大切です。

コミュニケーション力に自信がない人は、まず相手の言葉遣いや話のテンポに合わせるところから始めていきましょう。

5.プロジェクトマネジメント力

ITコンサルタントは、クライアントが定めた期間内にプロジェクトを成功させるというミッションを担っています。

時にはクライアントである経営者を含めて、多くの関係者を巻き込みながらプロジェクト成功に向けて動いてもらわなければいけません。

そのためには、適切な人材の配置やスケジュール管理を含めた総合的なマネジメント力が求められます。

6.経営視点と知識

ITコンサルタントは、ITに関する知識はもちろん経営やクライアント企業に関する業界知識も必要となります。

日頃から経営者と話ができる程度の経営知識がなければ、コンサルトとしての信頼を得ることは難しいでしょう。

経営の知識として知っておきたいのは、財務会計、販売管理、人事管理、資産管理などです。

専門的な知識は必要ありませんが、最低限のマナーとして話せるだけの情報は常にストックしておくことをおすすめします。

ITコンサルタントの今後のニーズと将来性

今後ITコンサルタントとしてキャリアを積んでいきたいなら、需要や将来性が気になる方も多いのではないでしょうか。

ITコンサルタントの今後と将来性についても解説します。

ITコンサルタントの需要と人材不足の現状

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が公開した「IT人材白書2020」によると、社員が1,001名以上の企業のうち約30%が、社内向けITコンサルタントの業務を拡大しているという結果が出ています。

このことから、今後ますますITコンサルタントが重要視され、ITコンサルティングを提供する企業が増えると予想できます。

また、ニーズが増える一方でIT人材は慢性的に不足していることから、人材価値も比例して高まっていくといえるでしょう。

DXの拡大によりさらに需要が高まる

各業界でDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進んでいますが、一方でIT人材の不足は深刻化しています。

企業内でDXを推進しようにも社内に適切な人材がいないことから、コンサルタント会社の知見やノウハウを活用したいというニーズは年々高まっているようです。

そのため、ITコンサルタントのニーズは今後もより一層増えていくと予想できるでしょう。

下流工程は自動化・海外移転が進む

国内で事業拡大を目指す企業は、今後さらにグローバル化を進め海外へ拠点を移す機会も増えていきます。

その際、遠く離れた拠点と効率よく業務連携をしていくためには、ITをはじめとしたテクノロジーの活用が欠かせません。

そこで活躍できるのが、ITコンサルタントというポジションです。

どのようなITツール・システムを活用して効率化や自動化を進めていくのか、最適なITツールは何かを見極めるのが、ITコンサルタントに託されたミッションといえるでしょう。

今後は専門性の高いコンサルタントの需要が高まる

今後ますますIT化が進むなかで、IT コンサルタントに求められるのは総合的な知識や経験ではなく専門性であるといえます。

特にAIやIoT、ビッグデータは、これから確実にIT業界の主流を担う分野であると考えられます。

例えばAIの例で考えると、一般的に開発そのものはエンジニアが担当しますが、どのようにシステムで活用するかを考えるのはITコンサルタントの業務です。

そのため、今から特定の分野に特化したスキルや経験を身につけておけば、将来的に安定した働き方が実現できるかもしれません。

最後に

ITコンサルタントは、専門性が高く高度なスキルが求められるゆえに今後もニーズが高まり続ける職種といえます。

そのため今は会社員として企業に勤めていたとしても、経験や実績があればフリーランスとして独立し安定した収入を得ることは難しくないはずです。

しかし、実務で活かせる経験やスキルを身につけるためにはある程度の時間を要するため、今から準備しておくことをおすすめします。

失敗しないエージェント選びは信頼と実績・条件が合っているか

i-common tech

  • 人材業界歴30年以上のパーソルキャリアが運営
  • ITコンサルタント、PMOコンサル、ITエンジニア、ゲームエンジニア、マーケター
  • 週3日以内・リモート案件多数
  • 全国対応、月末締め翌月末日払い

運営会社:パーソルキャリア株式会社

 

レバテックフリーランス

  • ITエンジニア案件に15年以上の実績
  • 28,000件以上の豊富な案件数
  • 平均年収862万円

運営会社:レバテック株式会社

この記事の執筆・編集・監修者

つなぐマーケティング代表の溝口ひろきと申します。
現在、Webマーケターとしてフリーランスをやっています。
当サイトの執筆・編集に携わっています。私の経験や知識がお役に立てたら嬉しいです。
運営者情報はこちら

シェア