Workship(ワークシップ)の特徴や評判・口コミ、おすすめの人を徹底解説

更新日:/公開日:2022年08月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Workship(ワークシップ)の特徴と評判を解説

この記事の編集者
溝口ひろき
つなぐマーケティング代表

時間や場所にとらわれず働くフリーランスや副業ワーカーに興味をもつ人が増えています。

ランサーズ株式会社が2021年11月に発表した『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』によると、広い意味でのフリーランス人口は1,577万人にものぼることがわかりました。

今回の調査で、フリーランス人口は1,577万人、経済規模は23.8兆円であることがわかりました。2020年1月の調査ではフリーランス人口は1,062万人、経済規模は17.6兆円だったことから、コロナ禍でフリーランス市場は大きく拡大したことがわかります。

現在のフリーランス人口・経済規模

引用元:『新・フリーランス実態調査 2021-2022年版』発表 | ランサーズ株式会社

同社が2020年1月におこなった調査では1,062万人だったので、約2年で500万人以上増えたことになります。

そして自由な働き方を実現するために、多くのフリーランスに利用されているのがクラウドソーシングやフリーランスエージェントなどです。

数多くあるスキルシェアサービスの中でも「Workship」が注目をされています。

スキルシェアサービス比較マップ

引用元:本当におすすめできるスキルシェアサービス17選【比較マップ付き】 – Workship MAGAZINE

スキルシェアサービスの比較マップをみると、Workshipは専門性が若干高く、必要経験値は中間ぐらいのサービスになります。

この記事では、Workshopの特徴やメリット、注意点、口コミや評判について解説します。

Workshopの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスとして活躍をされている人やこれから目指すという人はフリーランスエージェントの利用を検討したことがあるのではないでしょうか。フリーランスエージェントの選び方からおすすめ16社の特徴と評判まで詳しく解説します。
この記事の監修者

溝口 ひろき

溝口 ひろき

フリーランスガイド責任者

1983年生まれ。電気工事士からWeb業界に転職して15年以上。現在はフリーランスでWebマーケターをしており、クライアントサイトのマーケティング代行や自社メディアの運用等をおこなっています。
運営者情報はこちら

Workshipってどんな会社?特徴と6つのメリット

Workship

運営会社株式会社GIG
本社住所〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-11-8 ザ・パークレックス日本橋浜町 4階
設立2016年12月
登録者数40,200人(2022年8月時点)
公開案件数1,781件(2022年8月時点)
対応エリア東京都、大阪府、茨城県、埼玉県、広島県、福岡県、兵庫県、愛知県、山形県、神奈川県、千葉県、京都府、静岡県、北海道、愛媛県、滋賀県、沖縄県
手数料企業側にプランごとのサービス利用料がかかるシステム
支払いサイト月末締め、翌月末日支払い
公式ホームページhttps://goworkship.com/

無料会員登録はコチラ ≫

Workshipは、専門的なスキルや経験をもったフリーランスと人材を求めている企業をマッチングする案件検索プラットフォームです。

株式会社LIGの代表取締役であった岩上氏がLIGを退職し、新たに立ち上げた株式会社GIGが運営しています。

2018年11月にリリースして以来、登録者数と登録企業数は増え続け2022年8月時点で登録者数40,200人、企業数800社となっています。

Workshipの登録者数推移

Workshipの特徴は、3つのマッチング機能が用意されていることです。

  • 自分の条件に合った仕事を検索する
  • 企業からスカウトがくる
  • エージェントから紹介がある

Workshipはクラウドソーシングとエージェント両方の機能を持ち合わせているため、多角的に案件を獲得することが可能となります。

また、クライアントは企業しかいないため、クラウドソーシングと比べて案件単価は高い傾向にあります。

取り扱っている職種はIT関連をはじめ全18職種の案件があり、多くの人が利用できるサービスとなっています。

  • バックエンドエンジニア
  • フロントエンドエンジニア
  • iOS/Androidアプリエンジニア
  • インフラエンジニア
  • マーケティング
  • データサイエンティスト
  • プランナー・ディレクター
  • プロジェクトマネージャー
  • デザイナー
  • 編集・ライター
  • セールス
  • 広報
  • コーポレート・スタッフ
  • 顧問・講師
  • 経営陣・コーポレート
  • 人事
  • カスタマーサクセス
  • フォトグラファー

そんなWorkshipの6つのメリットを紹介していきます。

1.自分の希望に合わせた働き方が実現できる

Workshipには、週1日・土日の案件やリモートでできる案件が豊富です。

案件を「リモートのみ」「リモート希望」で絞り込むと1,781件中1,111件で約62%、「土日週末OK」は約32%、「週1日」は約13%でした(2022年8月時点)。

そのため、自分の目的やライフスタイルに合わせた働き方が実現できる可能性が高いサービスといえるでしょう。

また、副業から始めたいという人でも気兼ねせず利用することができます。

2.最短即日でマッチングできる

通常クラウドソーシングサービスでは、登録してから案件を獲得するまで早くても数日から数週間ほどかかってしまいます。

しかし、Workshipなら最短即日でマッチングすることもあります。

Workshipでは案件に提案するのではなく、「気になる!」ボタンで気軽に企業にアプローチができます。

そして、企業からも「気になる!」を返されたらマッチングとなり、直接メッセージでやり取りができるようになります。

また、企業側から「気になる!」をされるパターンもあるので、少しでも気になったら「気になる!」を返してマッチングしましょう。

3.初回案件が成約したらお祝い金をもらえる

Workshipでは、ワーカーの不安や心配を少しでも減らすために、初回案件が成立すると、現金1万円をプレゼントしています。

「お祝い金制度」は、案件成約時に1万円のお祝い金を贈呈しています。採用時にかかった時給分や、新しい案件を始める際に準備する備品、お打ち合わせの交通費に充当してほしいという思いから開始した制度です。

引用元:個人と企業をつなぐ仕事マッチングサービス「Workship」、ユーザーへの総支払額が1億円を突破|株式会社GIG

人によっては、仕事探しや企業とのやり取りに時間を取られてしまったり、仕事を始めるにあって備品が必要だったり、交通費がかかったりする場合もあるでしょう。

そんな人にとってお祝い金制度は、とても嬉しい制度といえます。

お祝い金の受け取りに特別な手続きは必要なく、初回報酬振り込みと同時に支払われます。

お祝い金を受け取る方法

引用元:お祝い金を受け取る方法 | フリーランス案件検索ならWorkship

4.報酬の前払いオプションで不安解消

Workshipには、報酬の受け取り期間を短縮できる前払いオプションというものがあります。

フリーランスになると、急にお金が必要になったり、資金繰りに悩んだりすることもあるでしょう。

そんなときは前払いオプションを利用すれば、いち早く報酬を受け取ることができます。

ただし、前払いオプションを利用するためには手数料がかかってしまいますので、ご注意ください。

5.福利厚生サービスが充実している

Workshipで案件が成約すると、会員制優待サービス「Workship PREMIUM Club Off」を利用することができます。

株式会社リロクラブと提携しており、国内外20万以上の施設にて最大90%オフになります。

  • 国内・海外のホテル
  • 航空券・パッケージツアー
  • レストラン
  • レジャー施設
  • 日帰り温泉
  • スポーツ施設
  • ベビーシッターサービス
  • 保育施設 など

また、これらの割引はWorkshipの登録者だけではなく、その家族や友人など同伴者にも適応されます。

フリーランスは会社員のような福利厚生がないため、とても嬉しいサービスです。

6.賠償責任補償がついているから万が一のときも安心

Workshipでは、企業との契約が成立すると賠償責任保険が自動的につく制度があります。

これは業務開始後に万が一、情報漏えいや著作権侵害、サイバー攻撃などによって賠償責任が発生した際に、その賠償額が補償されるものです。

保険の支払い限度額は、1事件につき500万円が上限となっています。

個人で企業との取引をすることに不安がある人でも、安心できるでしょう。

Workshipの良い評判・口コミまとめ

Workshipの良い評判・口コミを紹介します。

Workshipの良い口コミをまとめると以下のような感想がありました。

  • 理想的な案件にめぐり合えた
  • 複業(副業)に適したサービス
  • イケてる企業の求人が多い
  • 週2日・リモート案件が多い
  • ライター・ディレクターにおすすめ
  • 経験が浅くてもマッチングできる
  • 担当者が素敵
  • サイトのツールや機能が使いやすい

Workshipの悪い評判・口コミまとめ

Workshipの悪い評判・口コミを紹介します。

Workshipの悪い口コミをまとめると以下のような感想がありました。

  • 登録するのに入力箇所が多い
  • 週1日の副業案件は少ない
  • 東京の案件が多い

Workshipに登録する前に知っておきたい3つの注意点

Workshipに登録する前に知っておきたい3つの注意点について解説します。

1.大手エージェントと比較すると案件数が少ない

Workshipは2018年11月にリリースしたサービスのため、会員数に対して案件数が少ない印象があります。

そのため、条件の良い案件は競争率が高くなってしまいます。

条件が良い案件を獲得するためには、自身のプロフィールを充実させたり、こまめに求人情報をチェックしたりするなどの努力が必要になるでしょう。

2.案件のエリアが首都圏に偏っている

Workshipにはリモート案件が多いですが、リモートではできない仕事も当然あります。

Workshipに掲載されている案件は、首都圏エリアがメインとなっているため、リモートでできない仕事をされている人には不向きな可能性があるでしょう。

3.実務経験が少ない人は案件獲得が難しい

Workshipで案件を獲得するには、最低でも1年以上の実務経験が必要です。

Workshipには高単価な案件が多いですが、ワーカーにはそれなりのスキルが求められます。

未経験者や初心者が案件を獲得することは正直難しいです。

どんな人におすすめ?Workshipがおすすめの人

Workshipがおすすめの人を以下にまとめました。

  • 副業したい人
  • 1年以上のスキルや実務経験がある人
  • ITエンジニア・デザイナー・ディレクター・マーケター

Workshipには週1日から参画できる案件もあるため、サラリーマンなど本業があり、副業を考えている人とも相性がよいでしょう。

また、WorkshipにはWeb系の案件が多いため、ITエンジニアやWebデザイン、ディレクション、マーケティングの仕事をされている人におすすめです。

無料会員登録はコチラ ≫

Workshipの総評

Workshipはフリーランスや副業ワーカーと企業とをつなぐ、IT業界に特化したプラットフォームです。

週1日から案件に取り組めるなど多様な働き方を実現しやすい点が魅力のため、副業したいという人にも向いているサービスといえます。

メリット・デメリットや口コミなどを参考にして、Workshipの利用を検討してみてはいかがでしょうか。