週3日・在宅案件多数!i-common tech(アイコモンテック)の特徴と評判を解説

更新日:/公開日:2021年10月13日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

i-common tech(アイコモンテック)の特徴と評判を解説

この記事の執筆者
溝口ひろき
つなぐマーケティング代表

フリーランスは、好きな時に好きな場所で好きなだけ働けるというのが最大のメリットです。

しかし、フリーランスITエンジニア向けのエージェントは、客先常駐型や週4日以上の案件が多いため、自分の希望に合った案件がないと悩んでいる方も多いはずです。

この記事では、フリーランスITエンジニア向けの案件を紹介しているi-common techの評判や特徴、利用する際の流れ、よくある疑問について詳しく解説します。

i-common techの利用を検討している方や、自分の生活に合わせて働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

i-common tech(アイコモンテック)ってどんな会社?特徴とメリット

i-common tech
i-common techはこちら

運営会社パーソルキャリア株式会社
設立1989年6月
登録者数2,500人以上
公開案件数212件(2021年10月時点)
対応エリア全国
手数料(マージン)なし
支払いサイト月末締め、翌月末日払い
URLhttps://i-common-tech.jp/

i-common techは、フリーランスITエンジニア専門のエージェントサービスで、人材支援サービスを多数展開しているパーソルキャリア株式会社が運営しています。

パーソルキャリアは人材業界でも最大手ですので、長年培ってきた企業とのパイプが太く、また信頼関係も厚いことから、直請け・高待遇の案件が多いのが強みと言えます。

また、i-common techで取り扱っている案件の半数以上がリモート可能となっていますので、自分のペースで働きたい方にとっては、利用するメリットが大きいサービスではないでしょうか。

i-common techには大きく6つの特徴がありますので、詳しく解説していきます。

1.企業と直契約だから高単価案件

i-common techが保有している案件の平均単価は、おおよそ65万円となっています。

i-common techの単価相場

参照元:i-common tech(アイコモン テック) のエージェント情報【フリーランススタート】

i-common techは、企業とフリーランスITエンジニアが直接契約を結べるため、中間マージン(手数料)が発生しません。

マージンが発生しない分、報酬が高くなるということです。

i-common techの登録者には、月収100万円を超える人が全体の19%もいるため、高単価案件を探している方にとっては非常に魅力的と言えます。

i-common techの月収割合

参照元:サービスについて | i-common tech

2.長期契約案件が多い

i-common techは、長期契約案件がとにかく豊富です。

開発案件には1ヶ月から数ヶ月程度で終わる短期案件と、数年続く長期案件があり、長期案件のほうが当然収入は安定します。

収入が安定しづらいフリーランスエンジニアにとっては安心できるポイントと言えるでしょう。

3.リモート案件もあるので地方でも参画可能

他のフリーランスエンジニア向けエージェントでは客先常駐型が多いですが、i-common techの場合は、多くの案件がリモート勤務可能となっています。

そのため、企業から離れた場所に住んでいる方や地方在住の方でも参画が可能ですし、働き方の自由度が上がります。

勤務地が合わず諦めていたのであれば、i-common techを利用してみるのもよいでしょう。

4.週3日以内・土日対応案件もある

自由な働き方を推奨しているi-common techでは、週3日以内の勤務も可能な案件が揃っています。

(i-common techの案件をこだわり条件検索の「週3日以内」にチェックを入れて検索すると、21件ヒットしました。※2021年10月時点)

また土日対応がOKという案件もありますので、メインの仕事以外で副業として収入を得たい方にもおすすめです。

自由がききやすい、自分のリズムで働けるという点では、他の紹介サイトよりも選択肢を広げて探せるのではないでしょうか。

5.Webデザイナー/Webディレクターも登録可

i-common techでは、Web系エンジニア向け案件の他にWebデザイナーやWebディレクター案件も取り扱っています。

他サイトと比べて数は少なめですが、隠れた優良案件に出会えるチャンスがあるかもしれません。

「他サイトは倍率が高くて受かりづらい」と感じている方は、登録しておいて損はありません。

6.案件参画後も定期的なフォローがある

i-common techでは、専任コンサルタントが会員登録後の面談から案件の紹介、契約締結、案件参画後のフォローまでを一貫してサポートを行ってくれます。

参画前の希望単価やスキルのヒアリングはもちろん、参画後の手厚いサポートが受けられるのは、非常に心強いです。

フリーランスになって日が浅い方にとっては、不安なことや分からないことも多いので、大きなポイントと言えます。

i-common techの良い評判・口コミまとめ

i-common techの良い評判・口コミをいくつかご紹介します。

i-common tech(アイコモン テック)の面談形式はオンラインで時間は30分でした。担当者の技術的な理解のおかげでスムーズに登録面談が進みました。電話対応が非常に丁寧で、ヒアリングがスムースに進みました。自分の機能条件に合った案件をご紹介していただけました。ありがとうございました。

引用元:i-common tech(アイコモン テック)の評判・口コミ |フリーランススタート

案件参画にあたり、契約締結もスムーズに行っていただけました。案件に参画後は必要であれば、こちらから連絡をする事ができる様にしていただけたので、本当に必要な時にヒアリングができる体制にしていただけました。案件に集中できる良い体制を構築できているので、フリーランスの私としては、非常に良い環境で仕事ができました。

引用元:i-common tech(アイコモン テック)の評判・口コミ |フリーランススタート

i-common tech(アイコモン テック)の営業担当さんのやり取りは基本的にメール・電話でした。連絡頻度は適切でやり取りはとてもスムーズでした。案件やクライアント企業の説明は十分で、面談前に対策とアドバイスをいただけました。単価・開発環境・業務内容・現場環境の面で満足のいく案件に参画することが出来、i-common tech(アイコモン テック)には感謝しています。

引用元:i-common tech(アイコモン テック)の評判・口コミ |フリーランススタート

全ての口コミに共通しているのは、担当者によるサポートが非常に手厚いということです。

登録者の現状や生活スタイルを考慮したうえで面談を行ってくれるので、負担も少なく効率的に準備を進めることができます。

また参画案件が決まった後のアフターフォローも充実しており、経験の浅いエンジニアにとっては心強い存在といえるでしょう。

「自分一人で案件を探すのは不安」「第三者の立場から自分に合った案件を提案して欲しい」という方には、最適なサイトと言えます。

i-common techの悪い評判・口コミまとめ

i-common techの悪い評判・口コミをご紹介します。

広告を見て大手のエージェントということで登録してみました。もともとコンサルや顧問系の案件が多いらしく、開発系の案件はそこまで多くなさそうでした。単価は平均的に高そうなイメージでした。

引用元:i-common tech(アイコモン テック)の評判・口コミ |フリーランススタート

i-common techは他のサイトと比べてもともとの求人数が少ないこともあり、希望や条件によっては案件を見つけるのが難しいと感じるかもしれません。

そのため「条件を絞って案件を探したい」「譲れない条件がある」という方は、別サイトで探すほうが良い場合もあります。

求人サイトを利用するかどうかを決める前に、まずは自分の希望やビジョンを明確にすることが大切です。

i-common techを利用する際の注意点

i-common techを利用するうえで、2つの注意点があります。

場合によっては、i-common techが合わない人もいますので、利用する前に確認しておきましょう。

案件数は多くないので、紹介が不定期

現在、 i-common techのホームページに公開されている案件数は200件ほどで、他のエージェントと比べるとやや少ない印象があります。

そのためコンサルタントから紹介される頻度も不定期になりやすく、「仕事が途切れないよう定期的に紹介して欲しい」という方にとっては、やや不安があるかもしれません。

とはいえ、高単価・長期案件に出会えるチャンスもあるので、登録はしておくと良いでしょう。

経験者向けの案件がほとんど

i-common techは経験者向けのハイレベル案件が中心なため、即戦力として活躍できるエンジニアが求められています。

具体的には、PythonやRubyを使用してサーバーやデータベースの設計構築を行った経験があるか、などが指標になります。

今までの経験を活かして、さらにスキルアップしたい方、収入アップしたい方にはおすすめです。

i-common techを利用する手順・流れ

ここからは、i-common techを利用する具体的な流れについてご紹介していきます。

「i-common techを使うのが初めてでよく分からない」という方は、ぜひ参考にしてください。

無料会員登録

案件紹介をしてもらうためには、まず公式サイトから無料会員登録をしましょう。

登録の際は、以下の項目を入力していきます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • パスワード
  • 現在の活動状況、希望
  • 経歴書

必要項目を入力したら、「i-common利用規約」「個人情報の取り扱いについて」を確認して登録完了ボタンを押せば完了です。

ヒアリング

会員登録をしたあとは、i-common techの担当者と面談を行います。

面談では、現在のお仕事状況や希望条件、将来どうなりたいのかなどを細かくヒアリングされます。

必要に応じてあなたの実績が分かるスキルシートの作成を求められることもありますが、より良い条件の案件を紹介してもらうためにも積極的に取り組みましょう。

案件の提案

企業からの依頼内容と経験がマッチングしたら、案件の提案を受けることができます。

エージェントは依頼を基に案件の紹介をするため、時間を要するケースや他の案件を紹介される場合もあります。

クライアントと面談

紹介された案件の中で参画したいと思う案件があれば、クライアント企業との面談を行います。

面談を成功させるための準備や対策は、担当者がフォローしてくれるので安心です。

「こんな時どうすればいい?」といった疑問点があるなら、面談の前に担当者に相談しておくようにしましょう。

契約締結・プロジェクトに参画

面談を行った後に業務委託条件を検討して問題がなければ、契約締結となります。

企業と直接契約を結び、契約条件が把握できる書面をi-common techの担当者へ提出しましょう。

契約や各種手続きに関する不明点があれば、納得がいくまで担当者に相談してみてください。

i-common techに関してよくある質問

初めての案件紹介サイトを使うとなると、「こんな時どうすればいいの?」といった疑問に感じることもありますよね。

ここでは、i-common techに関してよくある質問をまとめました。

Q1.サービスの利用にお金はかかりますか?

i-common techの利用料金は一切かかりません。

登録、案件の紹介、企業との面談など、プロジェクトに参画するまでのすべてのプロセスを無料で利用できます。

安心して登録から始めてみてくださいね。

Q2.案件が多いプログラム言語は何ですか?

現在i-common techでは、さまざまな言語のプロジェクト案件が充実しています。

なかでもJavaScriptやPHP、Python、Rubyといった言語の案件が多く、経験や実績を活かして案件を探すことができるでしょう。

また、GoやKotlinなど高単価かつトレンド言語の案件もあるので、マルチに活躍できるエンジニアを目指したい方も必見です。

Q3.退会の方法を教えてください

退会をしたい場合は、お問い合わせフォームにて事務局に連絡をしましょう。

その後、会員情報が削除され退会手続き完了となります。

i-common techの総評

i-common techは、経験を問わずフリーランスエンジニアが高単価案件を探せる紹介サイトです。

企業と直接契約ができることで余計なマージンが発生せず、実力に見合った報酬を得ることができると言えるでしょう。

また、担当者によるサポートも手厚いと定評があるので、紹介サイトを使うのが初めてという方も安心して任せられるのではないでしょうか。

「フリーランスエンジニアとして実績を積みたい」「スキルを活かして高単価案件を受注したい」という方は、i-common techの利用を検討してみてください。

この記事の執筆・編集・監修者

つなぐマーケティング代表の溝口ひろきと申します。
現在、Webマーケターとしてフリーランスをやっています。
当サイトの執筆・編集に携わっています。私の経験や知識がお役に立てたら嬉しいです。
運営者情報はこちら

シェア